img_0023

テールランプユニット交換・・・。


※iPhoneで撮影。

突如として右テールランプのウインカーが点灯しなくなった赤ライオン号ですが、今朝になって配線カプラーを刺しなおしたらなぜか普通に点灯するように・・・。ハザードを出したりウインカー出したり何度か試してみても特に不具合はなく、ぜんぜん大丈夫そう。これなら大丈夫といざ買い物へ出かけると・・・

目的地へはまず右折。カチッカチッ・・・。普通にウインカーが出る。また右折だ!カチッカチッ・・・。やはり大丈夫だ。おっと、次は左折か・・・カチカチカチカチカチ!(←球切れの時は高速点滅する)今度は左のランプかよ!
しかし、もう目的地は目と鼻の先。とりあえず何とか目的地に駆け込み、買い物を済ませる。
そして、駐車場にて現在付いてる台湾製と思われる社外テールはどうも配線が弱いみたいで、もうダメかも!と思いトランクに積みっぱなしになっていた純正テールランプを取り出し、交換しようと(206のテールランプはほとんど工具なしで簡単に交換できます。)ふたをあけてみると、バルブが一本もない・・・。前オーナーが外したのでしょうか。しょうがないので帰り道にイエローハットへ駆け込み、

必要なバルブを買い込み、

店員に生暖かい目で見つめられつつも駐車場で組み込んで、そのままテールランプを交換。一番上の画像の図になったわけです。動作確認をすると当たり前のようにウインカーもストップランプも問題なし。これで走れるぞ(笑)
そんなわけでひとまず復活となったのでありました。社外テールについては時間をとって詳しく見てみようと思いますが・・・電気関係のメカは超苦手なのです・・・。

移動中、目の前に仲間が!うちの子よりずっと新しそうだ・・・。

Comments

コメントはまだありません。

Add a comment...